家でとても便利な収納について

収納場所は、たくさんあればあるほど助かるものです。

住んでいると、意外と大きなものを収納するスペースが必要になることが多く、特に子どもが生まれると、一気に物が増えてしまいます。

私が実際に家を建ててもらう際に付けてもらい、とてもつけ心地が重宝しているのが「土間収納」です。

これは、モデルハウスを見学に行ったときに見て気に入ったものなのですが、玄関で靴を脱いだ状態でいろんなものが収納できる場所になり、例えばベビーカーやガーデニング用品、雨傘やスーツケースなどの、家の中に持って入るよりも玄関に置いておく方が便利なものが収納しておきるスペースになります。

玄関に置いておくと場所を取りますし、見た目もごちゃごちゃしてしまいます。

ですが、土間収納にいろんなものを収納しておくことができれば、普段は目に見えないのでスッキリとした玄関になります。

また、防災用のグッズを底にまとめておくことも出来ますし、いざというときの備えもできます。

土間収納は、モデルハウスを見せてもらわないと知らないものだったので、モデルハウスの見学ができて良かったなと思っています。

その他、食品を保存しておくことができる「パントリー」も、とても役に立っていて、収納場所には水や米、缶詰や、レトルト系などを一まとめにしておくことができます。

ここにも、災害時にある程度の備えができるように缶詰類などや、水といった案外かさばるものを入れておけるので、いざというときの備えもできています。

家を建てるときには、自分達の暮らしを考えて、洗面所に収納場所を増やしたり、リビングに物が多いのであればそれを収納できるスペースを確保してみたり、何処にどういう収納が必要かということを考えることで、実際に住み始めてから、収納スペースが足りなくて困るということも少なくなると思います。

事前に、大きなものであれば家を建てるときに収納スペースの棚の高さを決めてみたりすることもスッキリと収納をすることができるポイントになります。