松江市で新築住宅で覚えておきたい防犯対策

松江市で素敵なマイホームを建てることばかりに意識が傾いていると、防犯対策を疎かにしがちです。家を空けている間だけでなく、在宅でも犯罪者に侵入されるリスクはあります。防犯に強い住宅を建てる意識を持ちましょう。まず、立地について考えます。住宅を建てる場所によって、犯罪発生の確率が上下するためです。強盗や空き巣などは、周囲に気づかれずに侵入できる場所を好みます。即警察に通報されてしまうような場所には近づきません。できれば人目につきやすい場所へ住宅を建てましょう。あまり人が歩いていない、車が通らない、周囲に立ち話をしている人や作業する人がほとんど見かけられないような場所は避けるのが無難です。住宅街でたくさんの人々が暮らすエリアなら大丈夫だと思われがちですが、それだけでは防犯対策として不十分です。家の建てかたをよく考えるようにします。建物同士が隣接する場所、木が生い茂っている場所など、人の目が届きにくい部分が多い住宅は犯罪者にとって都合が良くなります。物陰に隠れて様子を見る、多少時間がかかっても誰にもバレずにガラスを割り、建物内に侵入できるなどのメリットがあるからです。隣接する住宅の建物構造などを考慮しながら、新築住宅の形状、ドアや窓の位置を決めたいところです。ドアや窓には、ピッキングに強い施錠タイプを選びましょう。新築住宅のコストダウンばかりを優先し、防犯対策に弱いドアや窓を選ぶのは良くありません。窓ガラスを割って侵入するパターンがとても多いため、割れにくいガラスを採用すると防犯に繋がります。シャッタータイプの雨戸も破壊が難しく、防犯に役立ちます。自分の頭で考えるだけでなく、ハウスメーカーに相談するのもおすすめです。住宅のプロがデータをもとに、安心安全に暮らせる家の建てかたをアドバイスしてくれます。防犯対策の行き届いた住宅を建てるにはコストが掛かります。しかし、それ以上にメリットが得られる魅力を持っています。