住みたい街やエリアに家を建てるときの工夫!

家を建てようと思ったときに、住みたい街が決まっている人がいるかもしれません。ただし住みたい街ランキングに登場するような街は、たくさんの人が住みたいと思っているため、地価が高めになっています。このような街に家を建てるためには、どのような点に注意すればいいでしょうか。まず、無理をして高額で長期の住宅ローンを組むことは避けたほうがいいでしょう。住宅ローンの支払い以外に何もできないような、経済的な余裕のない状態では、人生を楽しむのが難しくなるためです。そのような状態を避けるため、とにかく貯金をするという方法があります。家を建てる前の一定期間に、集中してお金を貯めれば、まとまった頭金を作ることができます。住宅ローンの金利が安くなるため、総返済額が少なく済みます。また、住みたい街の隣町に住むという方法もあります。Aという街の町名が住所に入っていると、地価が高くても、Bという隣町の町名が住所に入っている場合は、ぐっと地価が安くなるというケースがあります。しかし、住んでみれば、AもBもそれほど住み心地に差があるわけではありません。Aというブランドにこだわらなければ、比較的安く家を建てることができるでしょう。さらに、住みたい街やエリアの狭小地に家を建てるという方法もあります。とにかく住みたい街に、比較的地価の安い狭小地を購入し、注文住宅で狭小地でも快適に過ごせるような家を建てるという方法です。住みたい街やエリアをくまなく歩きまわっていれば、そのような土地が見つかるかもしれません。狭小地に強いハウスメーカーや工務店を探せば、理想の家を建てることができるかもしれません。このように、住みたい街やエリアがある人は、高額の長期ローンを組むのではなく、もっと人生を楽しみながら家を購入できるような方法があることを知っておきましょう。住みたい街やエリアの沿線に住むだけでも、週末などに遊びに行けるため、満足感はあるでしょう。