注文住宅は人生の集大成。

注文住宅の一番いいところは、自分で家を決めることができることです。

たとえば、予算がなければ、こだわるところとこだわらないところを考えるのが楽しいです。

私たちが注文住宅を建てた時も予算が決められていました。

だから、ほとんどのところで一番ランクの低いものを使わざるを得ませんでした。

それなら、なぜ、注文住宅を建てることにしたのかという疑問があるかもしれません。

それは、私たちには土地があったからです。

あらかじめ、土地があったので、そこに注文住宅を建てることにしたのです。

ランクの低いものから選ぶにしても、たくさんの選択肢がありました。

そして、部屋のつくりも、複雑でないようにしました。

それによって、大工さんたちが注文住宅を早く建てることができました。

私たちは、できあがった注文住宅にはじめて入るときは胸に踊るものがありました。

私の家族は、頻繁に新築の家の工事現場に足を運んでいたので、何も思わなかったかもしれません。

しかし、私は本当にできあがるまで、安心できず工事中の注文住宅には行っていませんでした。

しばらく、自分が感動していなかったことに気づいたのと同時にこんなにワクワクしているのも久しぶりでした。

具体的に私たちの注文住宅は過度な装飾はしていません。

壁が白で統一させ、床やところどころをライトな木の風合いにしました。

実際に注文住宅を建てて、これは良かったと思うのは、注文住宅メーカーさんと密に話しを進めていけたことです。

注文住宅メーカーさんも、私たちの熱意に応えてくれました。

たとえば、他のお客さんがどのような注文住宅にしたのかなどを丁寧に教えてくれました。

注文住宅メーカーさんと、不動産屋さんと、大工さんの3つがバランスよくなければ、注文住宅は上手くいきません。

逆に注文住宅を建ててみて失敗したなと思ったのは、お風呂が大きすぎたことです。

お風呂が大きいのはいいと思われるかもしれませんが、実は掃除が大変なのです。

それでも、注文住宅を建てるのは面白く、人生に何度もあるようなことではないので、本当に真剣になって良かったと思います。