家の間取りの考え方

家づくりで失敗しないためには、間取りをしっかりと考えておくことが重要です。建ててしまった家の間取りを後から変えることは難しいので、建てる前にしっかりと考えておきましょう。

では、どのような手順で間取りを考えておくと失敗しにくいのでしょうか。

まずは大まかなゾーンを決めます。家族が集まる場所、料理を作る場所、仕事をする場所、浴室など水回りの場所など、用途によってゾーンを決めていきます。家の面積には限りがあり、大まかにゾーンを決めておけば、何にどれだけ割り当てることができるのか把握しやすくなります。

大まかにゾーンを決めたら、各部屋を細かく割り当てています。

たとえば水回りといっても、お風呂、トイレ、台所などがあります。こういったことを細かく割り当てます。

考えるときのポイントは、朝起きたときから夜寝るときまでの行動をイメージしてみることです。その家でどんな生活を送るのかイメージすれば、どのように部屋を割り当てると行動しやすいのかが見えてきます。一人だけの視点で考えるのではなく、家族全員の行動を考えてみてください。

今の活動だけでなく、将来のことを考えることも大切です。

子どもが小さいうちは親と一緒の部屋でもよいかもしれませんが、大きくなったらプライバシーの保護のこともあるので、子ども部屋が必要になる可能性があります。高齢になってバリアフリーの家にする必要が出て来る可能性もあります。家を建てる時点では必要でなくても、将来必要になることもあるので、将来についても考えておきましょう。

収納スペースは、どこに何をしまうのか考えて設置場所を決めていきます。必要に応じてすぐに出し入れできることを考えて設置場所を決めることがポイントです。

窓やドアの設置場所は風通しに影響を与えます。対になるように窓を設置すると風通しがよくなります。また、引き戸なのか、内開きや外開きか、木製なのか金属製かなど、いろいろなタイプがあるので、そういったことも考えておきます。