モデルハウスを見学するときのポイント

「素敵な家を建てたいな」と思っても、いざ家を建てようと思うと何処から手をつけていいのか悩んでしまうことでしょう。そんなとき助けとなってくれるものがモデルハウスです。モデルハウスには、家作りのヒントがたくさんあります。

しかし、見学するときのポイントを押さえておかないと、「素敵だな」だけで終わってしまいます。見学の際には、次の3つのポイントを押さえておきましょう。

●持ち物

見学の際に押さえておきたいポイントの前に、持ち物を紹介しておきます。

・カメラ

時間が経つとモデルハウスで見たものが記憶から消えていきます。カメラで写真を撮っておけば、後から思い出すときに役立ちます。

・筆記用具

気になることがあったときのメモに使用をします。

なくても問題ありませんが、あると便利な道具です。

いくつものモデルハウスを回ったり、部屋をじっくり見るなら、動きやすい服装で出かけることをおすすめします。

●見学で押さえておきたいポイント

1・生活しているところをイメージする

モデルハウスはきれいな内装になっているので、「きれいだな」というところばかり注目してしまいがちですが、実際に生活しているところをイメージしてみてください。

備えつけのソファーに座ったとき、どんな景色が見えますか。台所から料理を運ぶためにリビングに移動するとき、移動はしやすいですか。

モデルルームは見た目の印象を重視していて、実際に生活をしてみると違和感を覚えることがあります。そのため、生活をイメージしておかしな部分がないか確認することが大切です。

2・鍵の種類を確認する

防犯面を重視するなら鍵の種類を確認しておきましょう。指紋認証は高い防犯性が期待できます。金属製の鍵の場合は、ディンプルキーがピッキングされにくいです。

鍵は後から交換することもできます。

3・サイズや仕様が異なる場合がある

モデルハウスで展示しているものは、一般的に使用するものとはサイズや仕様が異なる場合があります。サイズなどが違うと実際に家建てたときにイメージが違ってくるので、確認をしておきましょう。