理想の家づくりにおける理想の違い

いつかはマイホームという願いを持っている人たちにとって、もし自分がマイホームを持つことができたらこんな家にしたい、そのような憧れを持っているものです。和風建築が好きな人は、庭には黒松を植えて、池を作り、花壇を綺麗に整えたいという願いがあるものです。また2階建ては部屋が多過ぎて空間が広すぎるために、平屋でのんびり暮らしたい、そのような憧れを持っているかもしれません。

一方でやはり洋風の住宅に憧れている人たちは少なくありません。木のぬくもりや自然の光を取り込みやすく、高い天井にハイサッシで、採光性や通風性にこだわり、自然と一体化するような洋風建築は、デザインも素敵ですが、住み心地が良くて憧れているかもしれません。庭にはイングリッシュガーデン、綺麗な花壇に華やかな花を咲かせて、毎日外出先から帰ってくるのが楽しいワクワクする、そんな気持ちになれるような家が欲しいと思うことでしょう。

ペットとの暮らしをしたい人にとっては、家を小さめにして庭をできるだけ広く取りたい、庭で犬を散歩させたり、一緒に戯れりするために遊び場のような場所を作りたいと思うことでしょう。また家の中でも犬や猫がコンフォータブルなようにしたりとか、床で足が滑ったりしないように、素材選びにも気を付けたいと思うに違いありません。また家の中で飼うのであれば、ペットの足が汚れてしまうので、ペット足洗い場を設けたいものです。近所をあまり気にせずにペットを飼育できるのは本当に嬉しいことであり、これまでペットを飼いたいと思っても、賃貸ではなかなか難しい状況にあった人たちには、一戸建てはまさに憧れです。

それぞれの家庭で理想とする家づくりには違いがありますが、注文住宅の場合には、その理想を実現することができるというのが最大のメリットです。そのメリットを存分に生かして、こだわるところはとことんこだわり、最高の家を持てるように熱心に励みたいものです。