床材の選び方のポイント

床材といっても、合板、無垢材、タイル、畳、クッションフロアなどさまざまなものがあり、場所別に選ぶことで床材のメリットを活かすことができます。

では、どんな床材があるのでしょうか。

●木材

床材はフローリングという家が珍しくありません。フローリングには合板フローリングと無垢フローリングの2種類があります。

・合板フローリグ

2層以上になっている床材のことで、表面には薄く表面材が貼られています。表面の素材には、薄くカットした木材や木目調のシールが使用されています。

お手入れがしやすく掃除が楽、傷がつきにくい特徴があります。

・無垢フローリング

気から板を切り出した一層になっている床材です。杉、ヒノキ、松、パイン、オーク、ブナ、チークなどの素材が使用されます。

部屋の湿度によって湿気を吸収・放出して、室内の湿度を一定に保ってくれます。

●タイル

タイルは固い素材で素足で触れるとひんやりと感じます。

木材のように水が床材内部に浸み込むことがなく掃除が楽です。

●畳

畳の素材にはイグサが使用されています。イグサには、気分をリラックスさせてくれるような独特の香りがあります。

硬い板とは違って床に寝転んでも痛くないです。

●フロアクッション

防水性が高く、汚れをふき取りやすい特徴があります。

ビニール素材を使用しているものが多く、安っぽい見た目になってしまうことがあります。

●場所別の床材の選び方

・トイレ、洗面所、脱衣所

水回りには、防水性が高く掃除をしやすいフロアクッションがおすすめです。

合板フローリングでも掃除をしやすくなります。無垢フローリングであれば表面に塗装をしたものであれば、水気をサッと拭くことができます。

・キッチン

フローリングやフロアクッションがおすすめです。

水を扱う場所なので、耐水性のある素材や掃除しやすい素材を選ぶとよいでしょう。

・リビング

ぬくもりを感じられる木材がおすすめです。重い家具を置く場所でもありますが、フローリングなら凹みにくいです。